に投稿 コメントを残す

「82年生まれ キム・ジヨン」感想レビュー

こんにちはkikkiです。

今回は、こちらの小説について。

82年生まれ、キム・ジヨン

こちらの本をご存知でしょうか。

引用)https://www.chikumashobo.co.jp/special/kimjiyoung/

私は本屋に並んでおり、話題の本だというのは知っていましたが、タイトルから韓国の方の話ね。と、読みたい本リストから除外していました。

こうした判断から、自分自身で情報の幅を狭めてしまっているのかもしれませんね。

そんな中、友人から勧められたおかげで今回この本を手に取ることになりました。

率直に、1人でも多くの方にこの本を知ってもらいたいと思ったので、感想レビューを書きます。

ストーリー

2016年秋 韓国で刊行以来、百万部を越えるベストセラー小説

圧倒的な女性の支持を得る一方で、男性は声を潜め、背筋が凍る小説と言われています。

ストーリーは、タイトルの通り1982年生まれキム・ジヨンという女性が主人公。32歳のキム・ジヨンはある日、謎の精神病の様な症状が現れ、それを心配した夫が心理カウンセラーの元へ連れていきます。その男性カウンセラーからの目線により、キム・ジヨンの症状、生い立ちを説明していくと言う形でストーリーは進んでいきます。

感想レビュー

本書は、韓国での女性軽視、フェミニズム、男女差別を時代背景などを踏まえ、小説というよりもドキュメントの様な形で、きちんと説明を踏まえ韓国の女性の生きる日々を丁寧に描いた作品です。まるでキムジヨンと言う女性は、存在しているのかと勘違いするほどリアルに描かれています。

そんな男女差別が濃く残る時代を生きてきたキム・ジヨンですが、とても素直で頑張り屋。そんな彼女が自分でも気づいていない形で、傷を負い、少しずつストレスを抱えていく姿を丁寧に描いています。

涙を流したり、読み進むことがドキドキする様なハデな作品ではありませんが、一気に読み進めてしまいました。私は84年生まれなのですが、自分の幼少期と同世代とは思えない韓国の事実に驚きました。

本書にある、「性の鑑別し、女児の子供とわかると堕胎していた」「娘達は喜んで男の兄弟を支えた」・・・どこまでこんな真実を知っていたでしょうか。

「知らないことは罪」そんな言葉を思い出した作品でした。

無知は罪なり、知は空虚なり、英知を持つもの英雄なり

引用)哲学者 ソクラテス

男女差別は身近にある

韓国の話ではありますが、日本に生まれた私たちも関係の無い話ではないと気づくはずです。

私は東京生まれになりますが、思い出してみると小学校に入った時、出席番号は男子のあいうえお順から始まり女子のあいうえお順では無かっただった記憶があります。

例えば、子供ができた時、男の子だった時に祖父が「でかした!よくやったな!」考えれば不自然な言葉ですが、そんな会話があることも私たちは知っていますよね。

声を上げるべきかもしれない

私は世界で声を上げ活動してる人々を、決して批判的な目では見ていません。どちらかといえば、応援しています。

しかし、自分が何か抗議やデモを行うかと言われたら、してこなかったし、これからもしないかもしれない。もしかすると、女性の差別というものを場合によっては、うまく使ってきてしまったこともあったかもしれない。

本書の解説で伊藤順子さんという方が、東京医大の男子差別事件(入試試験で男子生徒にだけ一律加点していた)について触れており、(この事件を知った日本の女性達はショックを受けた。もしこれが韓国ならば、即時に2万人の集会が開かれていただろう。)

この言葉の意味について、日本人の女性として強く考えさせられました。

年齢を重ねていく中で、自ら知ること、学ぶことの重要さに年々気づかされます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

kikki