Life / グルメ

食の好みの変化はなぜ起こる?

食の好みの変化はなぜ起こるのか?

こんにちはKikkiです。

突然ですが、わたしはワインが大好きです。

しかし、最近あんまり美味しい〜!!って思わないのです。

あんなに美味しく、あんなに飲んできたお酒なのに。不思議です。

飲めない訳じゃないんですが、ほぼ毎日飲んでいたワインを欲しない。笑

ここ半年ほど、たまには飲もうかなと購入しますがあんまり進まず、冷蔵庫に残ってしまう。こんなことは初めてです。

なぜなのでしょうか。

これがアルコールの話なので、笑い話だし、心配など無いのですが不思議でたまらない。

たまに食の好みが変わった。などと言うワードを耳にするので、調べてみました。

波動の変化

食の好みが変わる理由は、波動が変わったというスピリチュアルな意見です。

簡単に説明をすると

  • 波動が変わった
  • 人は転機を迎えるときに、食べ物の好みが変わる。
  • 本気で幸せになろうと、体がスイッチを切り替えた。

食べ物を食べる環境や状況などで大きく変化するという考え。外で食べるご飯をいつもより美味しく感じたり、新鮮さ、旬によって食べ物が発するエネルギーは変わってくる。

人の転機で、食べ物の好みが変わる。「年をとって食の好みが変わった」それは何度もレベルアップを繰り返しており、歳をとると若い時ほどのエネルギーを必要としなくなったことを表します。
年をとっても若いころの食生活と変化がなく、肉中心の食事や、よく食べる人は、まだ今世で使命がある。と言った考え方もあるそうです。

うーーーん、まじか。。笑

波動とか、幸福とかスピリチュアルで説明されるとピンときませんが、要は以下の様に気持ちが変わったことと同じですよね。

滞在意識

食の好みが変わる理由は、

「滞在意識の変化があった」という考え方です。

  • 身体が求める物の変化
  • 滞在意識の変化

こう書くと納得します。

私の脳は、下の様に変化している可能性が高そう。

<以前のイメージ>

ワイン=体に良い。おしゃれ。食事を豊かにする。でした。

しかし、最近は↓

<現在のイメージ>

ワイン=イタリアン、お肉、チーズに合う。=脂質が多い。ワインのお供は太る

いつの間にか、マイナス要素のイメージが・・・。

筋トレを真面目に行い始めたことで、せっかく頑張った身体に、良くない脂質や糖質を入れたくない。という考えが出始めました。(いや、そもそも筋トレを頑張ったならアルコールがNGですが。)

そういえば、ハイボールも美味しいと思えなかったのに、筋トレ=ハイボールの脳に変化してから、おいしいと思うようになってるじゃん。

食生活も徐々に変わってきました。

以前は夕飯にこんな感じ。今見ると多いな。

1年前:餃子、野菜炒め、麻婆豆腐と、白ワイン
現在:ささみ、魚、野菜率、和食が高め
現在:お酒はご飯食べ終わってから、ハイボールへ変化

そうか、脳が関係していたのかー。

ワインをたまに飲むと、翌日のもたれを感じる様になったことも大きいかな。

徐々にワイン=重い。に滞在意識が変わってきたのでしょう。

気づかないところで、体は歳をとって体をコントロールしていた様です。

脳と味覚はちゃんと繋がっているんですね!!

ではでは、お酒は楽しくほどぼとに!ですね。

またね〜

Kikki

aki.sasaki@icloud.com