Life / 旅行

沖縄アラマハイナホテル

アラマハイナホテル

こんにちはKikkiです。

海が見たい。海外リゾートが恋しいです。

今日は以前行った、沖縄の本部にあるアラマハイナホテルをご紹介します。

ここのホテルは沖縄と思えない海外リゾートの様なホテルでした。

沖縄に行くことがあったら、是非こちらに次回泊まってみてほしい。

国内でわたしが1番好きかもと思うホテルです。

【アラマハイナホテル】

2019年3月22日(土)にオープン

沖縄県北部で3つのホテルを手がける前田産業ホテルズの4つ目のホテルです。

沖縄美ら海水族館近くにオープンした商業施設「オキナワ ハナサキマルシェ」に併設するリゾートホテルです。

■コンセプト

やんばるの魅力「自然」「文化」「あたたかみ」とおきなわの「ちむぐぐる」を融合させた“本当のリゾート”に“暮らすように楽しむ”がコンセプトであり、日常の安心感と非日常のワクワク感を同時に楽しめるホテルを創造いたします。

引用:ホテルHP こちら

アラマハイナに泊まるべき理由

こちらはあの美ら海水族館近くにあり、行ったことがある方はお気づきかと思いますが、那覇空港から車で2時間以上かかります。

少し不便な部分もありますが、ここまで来たからこその魅力があります!

1.朝日も夕日も楽しめるリビング

アラマハイナホテルは、シンプルな白い壁に沖縄の家に使われている「花ブロック」がお洒落に組み合わされたな外観。

この「花ブロック」ってすごく素敵。もしも家を建てる日が来るなら使いたいなぁぁ。

何もない平和な田舎道から一変し、突如リゾート施設が現れます。

ドライブスルータイプのスターバックスがホテル前にはあり、朝7時から美味しいコーヒーを楽しむことができるのもお気に入りのひとつ。

ホテルの部屋は、まさにマンションの一室の様なキッチンに食卓、ソファがあります。

リビングの一面は大きな窓になっており、そこからは海が!そして、左側からは朝日が上り、右側へ沈む夕日が見られるんです!

わたしは仲良しの友達夫婦と4人でお泊まり。

1LDKの広々としたお部屋に、寝室にベット2台、リビングルームに2台。大人4人で3泊しましたが狭さを感じることもなく、リビングやバルコニーでそれぞれゆっくりと過ごすことが出来ました。

2.施設の充実

商業施設「オキナワ ハナサキマルシェ」に併設されているため、ホテル前にはテラス席がたくさんあり、スタバで購入した朝ごはんを食べたり、テイクアウト可能な海鮮と沖縄料理のお店、バーや、フードコートなど施設内で食事を十分楽しむことが出来ます。

最上階には、大浴場がありもちろん海が見渡せます。

広めの屋内風呂、何より最高なのが露天風呂。青い空の下で入る、海を眺めならの11階のお風呂。最高しかない。

2階にはインフィニティプール(営業4月~10月)が。

私が行ったのは冬場だったので、お休み中でしたが夏は最高だろうな。フィットネスジムもあるのでランニングマシーンと、エアロバイク、え大きな鏡の前でのストレッチやバランスボール、エクササイズも可能!

長く泊まる際は、ジムがついてるのは本当にありがたいですね。

またアラマハイナホテルは、朝食バイキングが美味しいと有名ですので朝からたくさん食べたい方は是非お試しを(¥2,500だったと思います。)

3.瀬底島

そして、最後のおすすめポイントはアラマハイナホテルから車で15分ほど、瀬底大橋を渡れば瀬底島という島があります。

正直、沖縄本島の海の綺麗さはそこまで期待していなかったのですが・・

そこには、めっちゃくちゃ綺麗なビーチが待っています!

・瀬底ビーチ

 瀬底島のメインビーチです。真っ白のサラサラパウダーの砂、エメラルドグリーンの海。沖縄本島では一番と言われる透明度と言われているのも納得!

駐車場やアクティビティ、シーズン中は監視員もいる安心のビーチです。

・アンチ浜

 瀬底大橋の下にあるビーチです。地元の方が多そうなゆったりとしたビーチでした。私たちはここでランチをテイクアウトして食べたのですが、こんな綺麗な海を見ながらのハンバーガーは何よりのごちそうですよね。

瀬底島には、2020年7月にHiltonホテルがオープンしましたが確かにあのビーチの側の場所を買わない理由は無い。笑

ちょっと那覇空港から離れているのは難点ですが、リゾート感、非日常感を求めるなら是非足を伸ばして3泊はしてほしい。

ではでは、またねKikki

aki.sasaki@icloud.com